北電子 ノーゲーム・ノーライフ THE SLOT
人気ライトノベル作品「ノーゲーム・ノーライフ」が初のパチスロ化!
ストラテジーゲームの報酬は「安定」 or 「波乱」をプレイヤーが選択可能!
 人気ライトノベル作品「ノーゲーム・ノーライフ」がパチスロとなって登場した。本機『ノーゲーム・ノーライフ THE SLOT』は1Gあたり純増約2.5枚のAT機。初当りのメインである擬似ボーナス「ストラテジーゲーム」から、AT「ラブ・オア・ラベッド2」突入を目指すのが基本的な流れとなる。

 ストラテジーゲームの主な当選契機は「チャンス役成立時の抽選」と「スコア1000到達時の抽選」の2つ。両者の比率は1:1で、どちらからも当選の期待が持てる。スコアは全役で獲得を抽選しており、スコア獲得特化ゾーンの「スコアブースト」突入時は1000到達のチャンスだ。

 ストラテジーゲームは2部構成になっており、「国王選定戦(押し順ベル8回で終了)」では優勢メーターのレベルアップを目指す。高レベルほど、この後に突入する「ホイール オブ フォーチュン」でのルーレットの振り分けが優遇される。ホイール オブ フォーチュンはチャンスゾーン(CZ)、またはAT突入をかけたルーレット演出が発生。停止図柄に応じた報酬を得られる。ここで重要となるのが2種類のモードで、NORMAL(安定)と EXTREME(波乱)のどちらかを任意に選択可能。NORMAL選択時はCZ またはATのどちらかに突入、EXTREME選択時はハズレの可能性もあるが、当選時はホイール オブ フォーチュン専用超特化ゾーン「十の盟約」へ突入する。

 CZは期待度約30%の「具象化しりとり」と、期待度約60%の「最後のピース」の2種類。どちらも成功時は上乗せ特化ゾーン「キングズギャンビット」へ突入し、ATの初期枚数を獲得できる。

 キングズギャンビットはピンク図柄揃い時に基礎枚数を決定。保留玉の色に応じた継続率でループし、上乗せ枚数を決める。一撃で最大300枚まで上乗せの可能性がある。上位版の「キング オブ キングズギャンビット」なら全て紫保留(継続率80% or 90%)となるので、大量上乗せ必至だ。「十の盟約」は10ゲーム間、毎ゲーム上乗せが発生。ベル成立時は10 or 20 or 30 or 50 or 100枚を均等に抽選し上乗せするので、チャンス役を引けなくても大量上乗せに繋がることがあるぞ。もちろんチャンス役成立時は大量上乗せの期待大だ。

 ATは差枚数管理型で、チャンス役成立時にピース獲得や直乗せを抽選。ピース8個獲得でキングズギャンビットへ突入する。規定ゲーム数消化を機に突入する「エピソード」は18ゲームのピース高確率状態。突入時はキングズギャンビットが一気に近づくぞ。

 また、本機はプレミアムモードとして「バグモード」を搭載。発動後のATは変わらずラブ・オア・ラベッド2となるが、差枚数管理ではなくゲーム数管理型となり、上乗せされる数値がそのままゲーム数に変換される。通常のATと比べて出玉性能が2.5倍にアップするため、有利区間完走の期待大となるぞ。バグモード突入時は違和感演出による前兆を伴うので、ノイズなどのバグモード前兆が頻発したら様子を見ておきたい。
北電子の機種ではお馴染みの大チャンス柄「ピザ柄」。今回も出現時は期待大だ。
(C)2014 榎宮祐・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/ノーゲーム・ノーライフ全権代理委員会
(C)KITA DENSHI
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名